それぞれの目的に合った工法で白蟻駆除を行なう

白蟻は木材だけでなく畳などの製品も食べることが可能です 白蟻は木材だけでなく畳などの製品も食べることが可能です

目的に合わせた工法選び~白蟻をしっかりと駆除する~

住宅の中にある畳が白蟻被害にあった場合は、ベイト工法やバリア工法を使って白蟻駆除を行なう必要があります。まずは、ベイト工法とバリア工法の特徴をチェックし、それぞれの工法にはどういった違いがあるのかを学びましょう。

工法別の特徴について


ベイト工法・バリア工法のそれぞれのメリットは?
バリア工法は即効性が高くて施工費用が安いのが大きなメリットであり、工事を行なってすぐに白蟻被害を解消することができます。ベイト工法は白蟻を巣ごと退治することができ、薬剤の臭いが一切しないのがメリットです。
薬剤が安全なのはどっち?
最も安全性に優れているのは、ベイト工法で使用している薬剤です。ベイト工法に使用されている薬剤は脱皮を行なう生物にのみ効果を発揮するため、人やペットが誤って摂取しても悪影響が生じることはありません。環境にも優しいです。
メンテナンスはどのタイミングで行なうの?
バリア工法の場合は一年に一度定期点検を行ない、その際に発生する施工費用は無料になっています。ベイト工法は年に一回から二回程無料点検を行なうことが多いです。どちらも施工時には五年間の保証が用意されています。

作業員

このように白蟻駆除を行なう際に実施されている工法には、それぞれ異なる特徴が存在します。自宅で白蟻駆除を行なう際はこうした情報をよく確認しておき、それぞれの目的や住宅に適した工法を選択するようにしましょう。

メンテナンスにかかる費用について

バリア工法は一度実施すると数年間の間は薬剤の効果が持続するため、メンテナンス費用はそれほどかかりません。一方、ベイト工法は住宅の広さによってベイト剤の設置数が変化するため、メンテナンス費用が高くなることが多いです。

TOPボタン